腎臓病のタイプを知ろう【症状改善で寿命をUP】

医者

大腸の癌の原因と予防法

大腸の癌の主な原因

女性

近年食生活の欧米化により、発症が増加している癌が「大腸がん」です。大腸がんの場合、進行すると肝臓、肺、リンパ節への転移が多く見られます。また骨や脳、全身への転移の可能性もあります。大腸がんの主な原因は食生活と肥満、飲酒、喫煙だと考えられています。近年食生活の欧米化により、脂肪の摂取量が増えていることが、大腸がん発症の大きな要因とされています。特に肉・卵・乳製品などの動物性脂肪や炭水化物、砂糖などの摂取量が多いと、大腸がん発症のリスクが高まると考えられています。逆に発癌の予防として、穀類や豆類などの植物性繊維を多く含む食事を心がけることが最大の予防となります。大腸がんは早期の内は自覚症状が全くないのが特徴で、早期発見の為には定期的な検査が重要なのです。

大腸の癌の予防法

大腸がんは早期に発見出来れば、内視鏡手術や外科療法によりほぼ完治する疾患です。進行していて他の部位に転移していたとしても、手術が可能な時期であれば、外科療法により完治は可能です。大腸に発症する癌は自覚症状がないのが一般的です。他臓器への転移の可能性も考慮し、早期発見する為には無症状の時期に発見する必要があります。検査方法として、便潜血検査・大腸内視鏡検査があり、これらを定期的に受けることが早期発見へと繋がります。大腸がんの予防として、喫煙者は禁煙が望ましく、過度の飲酒は控えた方が良いでしょう。そして肥満の予防と食生活の改善も大切です。脂肪分の多い食事はなるべく控え、植物性繊維を多く含む野菜類、豆類、穀類などを積極的に摂るよう心がけることが、大腸がんの一番の予防となります。