腎臓病のタイプを知ろう【症状改善で寿命をUP】

医者

がんの進行と治療

がんの進行の特徴

看護師

日本においてがんは死亡原因の上位を占めます。その中でも胃がんはがん全体でも2番目に患者数が多く、また初期症状があまり無いため早期の発見が難しいものとして知られています。初期に粘膜表面にできたものを発見することができれば、がん細胞はまだ進行がゆっくりとしたスピードなので比較的簡単に取り除くことができ、転移もほとんどありません。しかし進行胃がんとなり、胃の筋肉組織にまで達してしまうと、リンパ節や血流に乗って他の部位に転移する危険な状態となります。胃がんで転移の危険が高い臓器には肝臓があげられます。またリンパ節も転移が多い場所です。進行が進むと胃の周りの腹膜に転移し、更に散らばるように全身へと広がります。

がんの治療法

胃がんの進行具合によって治療法は異なります。様々な検査を行って胃壁のどれくらいの深さまで転移しているかを確認し、6段階に評価します。早期のがんであれば腫瘍を取り除く外科的療法を用います。極初期ならば内視鏡を使って腫瘍を取り除く方法がとられ、進行が進むごとに胃の一部を切り取る手術、全摘出手術、またリンパに転移している場合には胃の周囲のリンパ節の一部を取り除く縮小手術を行います。また手術に加えて放射線療法や抗がん剤の併用も効果を高めるために取り入れられています。最も進行した状態である血行性の転移を起こしている場合は、他の臓器に広がっている場合が多く手術は難しくなります。そのため放射線療法や化学療法、そして抗がん剤を用いた治療が中心となります。